Home > 2005年06月

2005年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

たらこキューピーうちわ

たらこキューピーグッズ第2弾。

たらこキューピーのうちわ

Continue reading

パンダの死体はよみがえる

遠藤秀紀著「パンダの死体はよみがえる」読了。獣医学博士である著者は、国立科学博物館を経て現在は京大霊長類研究所教授。「遺体は未来へ引き継がれるべき知の遺産である」という信念のもと、亡くなった動物の解剖に臨む様が綴られている、クールかつパワフルな一冊。

Continue reading

たらこキューピーストラップ

たらこキューピー携帯ストラップの写真

「購買部で買ったけど、飽きたからあげる」と関連会社に勤める身内から譲り受けた。

パスタソースのおまけに付いているものと異なるのは、ビーズが付いている点だけっぽい。こういうグッズは社内の購買部でも常時入手できる訳ではなく、限定数入荷で売り切れ御免らしい。おまけのほうで貴重なのは、シークレットの「ゴールドたらこキューピー」なんだそうだ。ネットで検索して画像を見たら、キューピーはノーマル色でたらこ部分が金色だった。

たらこを纏ったキューピー集団が、なにやらシュールな世界を展開しているあのCMた~らこ♪た~らこ♪つぅ~ぶつ、ぶ、た~らこ♪という歌が妙に耳に付いて困るんですけど。

テンプレコンテスト結果発表

たくさんの力作のエントリがあり、楽しく拝見しました。入賞された皆様おめでとうございます。

今お借りしている「tabbox」で、鯖コップさんが「ユニークデザイン賞」を受賞され、見事ズワイガニを獲得なさいました。テンプレートをちょこちょこいじっては改悪してしまっているような状態なので、直接お祝をコメントしに伺う勇気が無いのですが、密かに拍手を送らせて頂きます。

久々に虹を見る

二重の虹の写真

夕方、ベランダより撮影。大きな二重の虹だった。

黄金旅風

飯島和一著「黄金旅風」読了。

江戸初期、栄華を誇った海外貿易都市・長崎に、2人の大馬鹿者が生まれた。「金屋町の放蕩息子」「平戸町の悪童」と並び称されたその2人は、やがて、権力に蹂躪される長崎の人々の、光り輝く守護神となった…。

数々の文学賞を辞退し、孤高の寡作家とも称される著者の大作は、さすがに読み応え充分だった。ひたすらに長崎の民の幸福だけを願い行動する主人公の生き様は爽やかだ(というか、よく考えたら飯島作品の主人公って皆このタイプかもしれない)。

個人的には、悪人善人を問わず、命を落として物語の舞台を去る人物の多さが切なかった。特に重要な登場人物である彼(激しくネタバレになるので名前は伏せる)があそこで亡くなるとは。残念。しかしいつもながら密度の濃い、重厚な作品であった。

黄金旅風

Home > 2005年06月

Recommend

All About スタイルストアへのリンクバナーAll About スタイルストア

楽天市場へのリンクバナー

iHerbへのリンクバナー
初回購入時にクーポンコード
QAJ019入力で5ドルoff

Thanks
Search

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。