Home > 2005年09月

2005年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

~残暑の折、玄関にて涼をとる~の図

玄関で涼む犬の写真

家中で一番涼しい場所をちゃんと知っているのですね。明日以降暑さも和らぐとの事なので、今シーズンのこの姿はこれが見納めかも。

秋冬の定位置↓。可愛いけど、飼い主の布団にもぐり込むのを許してしまうというのは躾け上は甚だよろしくないですよね…。

布団で温もる犬の写真

タピールの皮革ケア用品

皮革用防水スプレーや靴クリームの嫌な臭いといったらちょっと耐え難いものがある。市販されている皮革用製品の大部分は、有機溶剤や石油化学系の乳化剤、タール色素といった有害物質を含んでいるのだ。「吸い込むと有害です」などという恐しい注意書きを読むと、日常的に使用するのは殆ど命懸けという気さえする。その点、無害な天然素材だけで皮革用ワックスを作る事からスタートしたドイツのTapir Wachswaren社の製品ならば安心して使えると思う。

レーダーフレーゲ100ml 皮革用防水スプレー50ml レーダーフレーゲクリーム〈全2色〉各75ml レーダーザイフェ(皮革用せっけん)200ml

素手でも塗れるタピールの靴クリームは柑橘系の良い香りがして、靴磨きがずっと快適になる。防水スプレーも愛用中。製品全般の原材料は、遺伝子組み換えを行わずに有機栽培されたものだとの事。実際に使ってみてとても気に入ったのでここに記録。

ビルケンシュトック05AW

ビルケンシュトック社製クロッグ・ボストンの写真

創業230年の伝統を誇るドイツのコンフォートシューズメーカー、BIRKENSTOCK

今シーズン、定番のボストンはデザインや素材がますます多様になって、Webで画像を見ているだけでも楽しくなってしまう。しかし使えるのはやはりプレーンな無地だろう。私も、柄物も持ってはいるのだが、最も出番が多いのは格安で購入したアンティークレザーの無地ボストン。先日術後の定期健診に履いて出掛けたが、片道1時間半の道程も楽々だった。ただ、ここの靴は履いていて楽ではあるし身体にも良いわけだが、アヒル足とでも表現すれば良いのか…見た目がかなりの大足になってしまう。この前お店で試し履きをしていたら、横で見ていた子供に「なんかミョーに似合う~!!」と爆笑された。どういう意味だよっ。

人気のドリアンアスコットには、今回フェルト素材(独自に開発したオリジナル混紡素材であるので、ビルケン的にはビルコフェルトと呼ぶのが正しい)も登場。特にビルコフェルトのドリアンは大変人気が高く、既に完売のショップも出ている。本日時点で探せばまだ入手可能だが、かなり品薄な模様。スエードレザー素材のものでは、TATAMIボルガも可愛いなぁと思うのだが、お値段が可愛くないのが難点。

それよりも、シーズンを問わずフォーマルにも使えるタイプを一足買っておきたいのだが、この条件にドンピシャなのではと思われるVeneziaは日本での取扱いが無い。アナポリスが似た形だが、ストラップが太くて可愛いメルヘン調のデザインは自分には合わない気がする。そうなるとパリあたりが狙い目であろうか。あるいはVeneziaを個人輸入するか…しかし靴は関税がバカ高いと聞くし~。悩みは尽きない秋の靴選びである。

Home > 2005年09月

Recommend

All About スタイルストアへのリンクバナーAll About スタイルストア

楽天市場へのリンクバナー

iHerbへのリンクバナー
初回購入時にクーポンコード
QAJ019入力で5ドルoff

Thanks
Search

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。