Home > 2008年05月

2008年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

障害馬術W杯 夢をあきらめない人馬の挑戦・増山誠倫

今夜の「情熱大陸」

競走馬として役割を終え、処分を待っていたサラブレッドに第2の人生を与えた馬術選手・増山誠倫さん(29)と愛馬・トップギアⅠ(ファースト)のきずなを伝える。
サラブレッドの競走馬が馬術に転用され、成功する例は非常に少ない。増山さんはトップギアⅠの隠れた才能を引き出し、障害馬術競技の最高舞台であるワールドカップに出場するまでにした。
ただ、それまでの道のりは決して平たんなものではなかった。身に覚えのないドーピング疑惑から出場停止処分を受け、馬術競技からの引退を考えたこともあった。長いブランクの後もトップギアⅠは増山さんの期待に応えてくれた。
16歳とすでに老齢の域に達しているトップギアⅠとワールドカップに向かう増山さんに密着する。

http://tv.www.infoseek.co.jp/の紹介記事より引用

ワールドカップファイナルに進出しただ1頭のサラブレッド、しかも16歳。大会2日目、今日のバーの高さは増山さんにとってもトップギアⅠにとっても限界を超える未知の領域だ、とナレーションが告げる。その日のコースの難易度の高さは尋常ではなかったらしい。失権やリタイアが続出し、「馬の安全のために棄権すべきなのでは」と逡巡する増山さん。ゴール出来ない事も覚悟の上で果敢に挑んだ彼らの姿には胸を打たれた。小さなサラブレッドが難関の障害をクリアすると会場から大きな拍手。三落(3箇所でバーを落とす)ではあったが立派に完走!!決勝には進めなかったけれど、素晴らしいパフォーマンスだった。

30分があっという間。競技会の模様がメインだったが、増山さんとトップギアⅠの練習風景や日常の様子も見られて良かった。しかし、屈腱炎を患った馬でもこんなに活躍できる可能性があるのですね。トップギアⅠの様なレベルに至る事は稀だとしても、この事はもっと広く知られるべきだ。そういう意味でも良い番組だったと思う。

JRAレーシングプログラムに掲載されたコラム「~ワールドカップ・ファイナル~

トップギアⅠ(競走馬登録名:ターボギア)のプロフィール

元競走馬のオレっち←関連書籍(^^)。乗用馬として次第に成長していく元競走馬「オレっち」のお話。帯に武豊騎手のコメント入り。

グアテマラの弟

グアテマラの弟」読了。女優片桐はいりさんによるエッセイ。映画「かもめ食堂」のロケで訪れたフィンランドを中心に旅について書かれている「わたしのマトカ」も良かったが、片桐さんの弟さん一家をはじめ、家族にまつわるエピソードが綴られたこちらの作品の方がより好きだ。

一時は絶縁状態に近かったグアテマラに暮らす弟さんを訪ねるまでのいきさつと、かの地で暮らした日々が書かれた一冊。とても正直に、シンプルに書かれている様に感じられる飾り気の無い文章なのに、それがこんなに面白いなんて凄いと思った。また、食べ物の描写は垂涎もの。昨年、著者と料理研究家でグアテマラ料理を作るという番組が放映されたらしい。もうちょっと早くこの本をチェックしていれば見たのにな~。残念。

グアテマラの弟←装丁も素敵(カバーを外してもお洒落)。

ディープインパクト、殿堂入り

本日のJRAニュースより。「ディープインパクト号が顕彰馬に選定されました!!」。選出基準についてはこれまで色々批判もあった様だが、今回ディープインパクトは161票を獲得し2004年以来の顕彰馬誕生となった(05、06、07年はエルコンドルパサーが最多票を獲得しながらも規定数に充たずに選出を逃がしている)。何はともあれ、久々の明るい話題。おめでとうございます!!

2年前の天皇賞(春)。例によってダメダメなスタートから後方を追走していたディープインパクトは、2周目3コーナー手前という通常は有り得ない位置から突如スパート、そのままぶっちぎりのレコードタイムで快勝した。他馬とは別次元の強さを示した圧倒的なパフォーマンスは今も鮮やかに記憶に残る。

これで産駒のデビューがますます楽しみになった。種牡馬としてもすんなり成功してしまいそうな予感すらするが、果たしてどうだろう。

ディープインパクト~無敗の三冠馬はこうして生まれた~ ディープインパクト ~日本近代競馬の結晶~ ディープインパクト衝撃の軌跡 カリスマ装蹄師西内荘の競馬技術―空飛ぶ蹄鉄をいかにデザインするか 真相 ディープインパクト、デビューから引退まで今だから言えること 「あの馬は今?」ガイド 2007-2008

オーガニックハーブの防虫スプレー

今日は動物病院へ出かけ、心臓の定期検査(高齢の為、弁の機能が衰えて血液が逆流しているのですTT)を受け、狂犬病の予防注射をし、心臓の薬に加えてフィラリアの薬も購入して来た。要フィラリア予防の季節到来だ。

ソファで疲れを癒す愛犬近影←お疲れ犬。

これからの季節、お散歩の際に使うのがパーフェクトポーションのバズオフという防虫スプレー。パーフェクトポーションは、オーストラリアのナチュラルケアブランド。全ての製品が、豪州の厳格な規格TGA(Therapeutic Goods Administration)をクリアし、その品質は国によって保証されているそうだ。危険性が懸念されているディートを含まず素肌に直接使用できるので、顔だけは避けてワンコと自分にスプレーする(初めてご使用になる時は必ず肌の一部に少量スプレーして試してから全身にご使用ください、との注意書き有り)。ハーブの爽やかな香りもお気に入り。

パーフェクトポーション バズオフ ボディスプレー

成分:精製水、エタノール、PEG-40水添ヒマシ油、ティートリー葉油、ラベンダー油、セイヨウハッカ油、ユーカリプタス油、シトロネラ油、シダーウッド油

cosineの掛け時計

転居後新調したリビングの時計は、cosineの掛け時計。

cosineの掛け時計の中で最も小さな径23センチの丸時計。小さいサイズのものを選んだのは、リビングが狭いから。色は、部屋の色調に合わせてサクラ×メープルにした。

cosine掛け時計(丸)サクラ×メープル

フレーム部がサクラ、文字盤部分がメープル。そしてこの時計、針も木製なのだ。シンプルなデザインだけれど、どこか可愛らしい印象の掛け時計だ。

イッタラ・ショップ in ACTUSにて

所用で横浜へ出たのでアクタスに立ち寄ると、イッタラ・ショップがオープンしているではないの。そしてそこにはittala製品と共にARABIAのParatiisiブラックの姿が…!

このラインはコーヒーカップ&ソーサーを2客持っているだけで、いつか買い足したいと願っていたのだが、今日同行していた長女(社会人)がもう2客買ってくれた。う、嬉しい…!!

アラビア パラティッシブラック コーヒーカップ&ソーサー

オープン記念という事でAlvar Aaltoのアイスキューブモールドを頂き嬉しさ倍増。

Home > 2008年05月

Recommend

All About スタイルストアへのリンクバナーAll About スタイルストア

楽天市場へのリンクバナー

iHerbへのリンクバナー
初回購入時にクーポンコード
QAJ019入力で5ドルoff

Thanks
Search

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。