Home > 2008年07月

2008年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

GLOBALのぺティナイフGS-3

15年位前に購入して以来、ぺティナイフなんだけれども何故かメインの包丁として活躍中。

GLOBALGS-3

新潟県燕三条のYOSHIKIN(吉田金属工業株式会社)が工業デザイナー山田耕民にデザインを依頼し開発されたオールステンレス一体構造の包丁。一体構造は見た目もカッコ良いが、刃と柄の継ぎ目に水が入ったり汚れて劣化するような心配が無い。グリップに施されたドット状の窪みが特徴で、これによって滑り難く握り易い柄となっている(うちのは長年酷使したせいかドットの黒い部分が数箇所ハゲているが、使用に際しては支障無し)。

メスと同じ超硬質モリブデン・バナジウムという素材を用いた刃は、使い始めは空恐ろしい程の切れ味。ただ刃物である以上定期的な砥ぎは必要になる。GS-3を含む両刃の家庭用ラインの場合スピードシャープナーという簡易砥ぎ器が用意されていて、これはこれでちょっと研ぎたいなという時に便利なのだけれど、やはり砥石を使うべきだと思う。公式なお手入れ方法でも、「スピードシャープナーは刃先をV字型に整えるが、鋸の刃はつきにくく、だんだん切れ味が戻らなくなる」ため、砥石での研ぎ直しを薦めている。

シャプトン セラミック中荒砥石←我が家で使用中の砥石(オレンジ色の♯1000)。中砥用のこれ1つで済ませてます。

このグローバルの包丁、8/1から価格改定なのだ。私もそのうち買い足そうと思っていたナイフがあったからちょっとショック。今ならまだ旧価格で買えるので、今日中に決断の予定(笑)。

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

アボカドその後

こんなに↓なっちゃってます。

アボカド7月10日の写真

茎が伸びすぎて不安定極まりないTT。

アボカドと愛犬近影←大きさを比較してみた。

このまま水栽培でどこまでいけるのだろうか…。

*関連記事<<アボカドを育てる

*ブログ村に登録致しました。ブログランキング・にほんブログ村へをクリックして頂けると嬉しいです。

佐藤錦とリンカ小鉢

さくらんぼの写真

先週持病で救急車のお世話になった子供へのお見舞いに頂いた。救急車添乗&ERで夜明かしはもう5回目かな。なので慣れてはいるし、処置もうまくいって翌日には帰宅できたのは有り難かった(本人はもうピンピンしている)。

器は左藤玲朗さん型吹きリンカ小鉢。吹きガラスという伝統的な手仕事で一つ一つ作られている。これはコレグリーンという色。iittalaのシーブルーと同系の色合いの様にも見えるが、こちらは昔のラムネ瓶の様なレトロな趣きが感じられる。実際に清酒やラムネの瓶等の再生原料も使って製作しておられるそうだ。あめ色のコップや器も素敵。

ブログランキング・にほんブログ村へ*ブログ村に入村致しました*

Home > 2008年07月

Recommend

All About スタイルストアへのリンクバナーAll About スタイルストア

楽天市場へのリンクバナー

iHerbへのリンクバナー
初回購入時にクーポンコード
QAJ019入力で5ドルoff

Thanks
Search

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。