Home > 2009年01月

2009年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ラヴェンダーの咲く庭で

昨晩のハイビジョン金曜シネマで観たらちょっと良い映画だったのでメモ。

英国コーンウォール地方の風景がとても綺麗だった。また、マギー・スミスとジュディ・デンチは「眺めのいい部屋」等でも共演しているが、この作品には姉妹役で出演。姉役のマギー・スミスはいつもながら上手いのだけれど、若い異邦人への想いを抑えきれない妹役のジュディ・デンチもさすが。近年は女王や伯爵夫人や英国情報部の偉い人なんかを重々しく演じているという印象が強いのだが、ここでの乙女っぷりは良かった。家政婦や村人達も良い味を出していたけれど、肝心の青年ヴァイオリニスト役は私的にNG。もう少し芸術家らしく、かつ魅力のある俳優に演じて欲しかった。

ラヴェンダーの咲く庭で[DVD]

クライマックスで演奏される「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー」は、ナイジェル・ヘスがこの映画の為に作曲したオリジナル曲(演奏はジョシュア・ベル)。中盤ちょっと寝そうになった私だが、この演奏がとても良かったので映画全体の印象も☆1つ分位アップした感じだ。この曲、CDを持っている訳でもないのに何故か演奏と一緒にハミング出来る位良く知っているんですよね。何でだろうと不思議に思い良く考えたら、浅田真央選手の2007-2008シーズンのショートプログラムに使われていて、何度も聴いたからなのであった。

ラヴェンダーの咲く庭で

こちら↓は映画のメイン・テーマ「Ladies in Lavender」。

「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー」と同じ主題だが、こちらは長調なので優しい感じの大変美しい曲となっている。

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

父の膝の上にて

実家に転がり込んで転居して10ヶ月程。餌付けが功を奏したか、父にかなり懐いて膝の上で寝るまでになったので記念にup。

父とわんこ近影

うっすら警戒している様に見えなくもないかも…。

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

焼網トースター

トースターを置くスペースが無い我が家の台所。パン好きなのに…。なのでガスコンロに焼網置いてパン焼いてます、の図。

パン焼き写真

パンを焼く間に端の方でチーズも焙り、とろっとなった所を焼き上がったパンに塗って食べると美味しい。太りそうだけど。あと、もちろんパンだけじゃなくて、野菜やお餅、厚揚げなんかも美味しく焼ける。小さな土鍋を乗せて調理するのにも重宝しているこの焼網は、金網つじさんのセラミック付き焼き網(小)。小サイズのこのコンパクトさは我が家にぴったり(笑)。セラミック網の交換が必要でランニングコストがかかるという点がちょっと難点かなあ。

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

ジョッキーを夢見る子供たち

フランス国立騎手・厩務員養成学校が舞台のドキュメンタリー。み、観たい…!

ジョッキーを夢見る子供達ポスター画像

Lads et Jockeys Le film, Site officiel

映画「ジョッキーを夢見る子供たち」日本公式サイト

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

加湿器買いました

咳がなかなか治まらないし肌の乾燥も酷いので、我が家もようやく加湿器を使う事にした。

私の希望条件は、

  • 500mL/h程度の加湿パワー
  • 気化式(電気代が安いから)
  • お掃除し易い構造

の3点。あとは価格とデザインかな。部屋に置く以上、やっぱり見た目も重要!

検討の末、ダイニチRXシリーズの大きい方に決めた。希望条件のうち、加湿方式は気化式ではなくハイブリッド(加熱気化)式となったが、それ以外は希望通り。デザイン家電の様なすっきりした形も気に入った。一見、amadanaっぽくない?と思ったら、ダイニチamadanaOEMを担った事もあるという噂が(真偽の程は調べたが今の所不明)。色は、部屋の色調に合わせてシルキーベージュを選んだ。無印良品の加湿器も気になっていたのだが、年明けにこちらの方が安くなったので即決(参考価格25,200円→税込・送料込で12,580円)。

ダイニチ ハイブリッド式加湿器 HD-RX508-T ビターブラウン ダイニチ ハイブリッド式加湿器 HD-RX508-C シルキーベージュ
価格.comでダイニチハイブリッド加湿器HD-RX508の最安値を検索
楽天市場でダイニチハイブリッド加湿器HD-RX508の最安値を検索

実際に使ってみて、加湿パワーには満足。運転音は思ったより静かで、更に静音モードがあるので寝室での使用にも適していると思う。ただ、時々タンク内で「ゴボッ」という音がするのが気になる方はおられるかも。我が家のワンコは運転初日にはこの音に敏感に反応していたが、すぐに慣れた。

タンクは濯ぎ易く給水しやすい形。タンクの下のトレイを引き出すだけでメンテナンスが必要なユニットがそっくり出て来て、本体から容易に分離できるのも良い。もう一箇所、清潔にしておかなくてはいけない吸気グリルも簡単に外せる様になっているが、通常は掃除機を使って埃を取り除いておけばOKだそうだ。

ちなみに、「交換&お掃除レス」と謳っている加湿器もあるのだが、メーカーサイトの製品紹介で調べたところ、「交換&お掃除レス」なのはフィルターのみで、フィルターについても「水質の影響などにより、汚れがひどい場合には、お掃除が必要となります」と注意書きが。価格.comのレビューによればやっぱりお手入れは必要で、しかも掃除等メンテナンスがし辛い構造らしい。だったら、お掃除は必要だけれど、手入れのし易さに配慮した製品の方が良いと私は思う。人が用いるものの大部分は使ったら何らかの手入れが必要なのであって、完全にメンテナンスフリーな製品というのはなかなか作り得ないのではなかろうか。

今日、窓を開けて掃除機をかけた後、湿度が30%を切っていた。加湿器を買って正解だったと改めて実感。空気清浄機も欲しくなってきた。

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

Home > 2009年01月

Recommend

All About スタイルストアへのリンクバナーAll About スタイルストア

楽天市場へのリンクバナー

iHerbへのリンクバナー
初回購入時にクーポンコード
QAJ019入力で5ドルoff

Thanks
Search

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。