Home > スポンサー広告 > 極上の急須

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

いもこ URL 2008-06-03 (火) 22:00

また遊びに来ました!
和・洋どちらにでも合わせられる様な素敵な急須ですね。
ころんとした形が本当にかわいらしい(*^^*)
来年の今頃はどんな感じになっているのかなぁ。
使う楽しみがあるっていいですね♪

nyao@管理人 URL 2008-06-04 (水) 11:35

いもこさん、こんにちは!
水野さんの急須は現在絶賛愛用中です
1年後に素敵に育った姿をご紹介できたらいいですね~。がんばりマス!
最近歳のせいか(^^;)和の器が気になって仕方ないのです。
TEEMAは和洋中何でも使えて便利ですが、たまには土ものの器もいいなあと。
収納場所が少ないし資金も潤沢では無いのであんまり買えませんけれど。
また良いものが見つかったりしたらご紹介させて頂きたいと思います。

かよちーの URL 2008-06-05 (木) 00:20

nyaoさん、こんばんは。
うちのブログに来ていただき、ありがとうございます。
nyaoさんのブログはなんだか落ち着きます、きっと文章の書き方が好きなんだと思います。
鉄ものを育てていますが、土ものも育つのですか、ちょっと興味です♪
またちょくちょく来させていただきます、よろしくお願いします。

nyao@管理人 URL 2008-06-05 (木) 10:02

かよちーのさん、こんにちは!
わざわざご訪問下さり、嬉しいコメントも頂いてありがとうございます。
鉄ものをお育てですか!それは是非過程など拝見したいです。
私もフライパンは鉄製もしくは鋳鉄製派ですが、家族には不評らしく、娘は自分でフッ素樹脂加工のフライパンを買って来ちゃいました。
土ものは釉薬を使っていない方が顕著に育つらしいです。
あと、木のものも育ちますね。ウレタン塗装だと無理かもしれませんが、オイルフィニッシュの家具や器、カトラリーなどは育て甲斐がありそうです。
リネンや皮のものも、古びてボロくなった際には「使い込んで立派に育ったのだ!」と言い張っても良いような気がしてきました(笑)。
今後も気軽にお立ち寄り下さいね!

かよちーの URL 2008-06-05 (木) 12:28

nyaoさん、すごく答えたくなるようなお返事、ありがとうございます・笑。
わたしもフライパンと鉄瓶を育てています。
鉄瓶は、けっこう水を入れて放置することが多く、育っているというより単なる・・・ですが。
フライパンは、カサカサになって油が足りないアピールをしてくれるのが気に入っています。
ところで、とても答えたかったのが木ものです。
実は、友人に木工作家がいて化学系の塗装や外国産の漆は使わない人がいるんですよ。
オイルフィニッシュもオリーブオイルだったり、半年くらいで樹脂化したスプーンなど持っています。

nyao@管理人 URL 2008-06-05 (木) 19:17

おお!鉄瓶ですか!「平松洋子の台所」という本の中の鉄瓶を育てる話を読んでからずっと憧れております!鉄瓶で沸かしたお湯はとてもまろやかで美味しいそうですね。羨ましい~。
その上木工作家さんとお友達だとは更に羨ましすぎます。私も「これ試作品。使ってみてよ」とか言われてみたいです(←妄想)。
自然な仕上げの木製品って素敵ですよね。巷でもそういう作家さんの作品は人気みたいですし。
それにしても、オイルフィニッシュのスプーンが樹脂化するんですか?知りませんでした。最近少しばかり木のカトラリーを購入したので、変化を楽しみつつ使っていきたいです。

かよちーの URL 2008-06-06 (金) 12:59

nyaoさん、こんにちは。
知っていたら、申し訳ないですが、一応書いておきます。
樹脂化させるには使って洗って乾かした後にオリーブオイルを塗っておくんです。
太白のゴマ油でもやってみたのですが、イマイチでした。
これを続けると、樹脂化します。
ちなみに使わないで洗って乾かして塗ってもオイルのしみこみが良くなかったので不思議だなぁ~と思いました。

nyao@管理人 URL 2008-06-07 (土) 08:44

かよちーのさん、教えてくださってありがとうございます。
そういえば、木のカトラリーを購入した際に「毎日使ってあげる事が一番のお手入れです」と言われました。
使って洗って乾かした後にオリーブオイルですね!樹脂化目指してやってみます!

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://caramelchocola.blog3.fc2.com/tb.php/189-58ca146a
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ::webmemo::

Home > スポンサー広告 > 極上の急須

Home > 日々の雑記 > 極上の急須

極上の急須

最近使い始めた水野博司さんの「梨皮急須」。これまで使った急須の中で最高に気に入っている。

梨皮急須の画像

水野博司さんは愛知県の常滑で急須と土瓶を造り続け、ご自身を「作家ではなく急須職人」と称しておられる方。常滑の土は鉄分を多く含んでおり、それがタンニンと反応してお茶の風味をまろやかにする性質を持つため、急須造りに適しているのだそうだ。とはいえ私は、常滑の一般的な急須独特のあの朱色と質感がどうも好きではなかったのだが、水野さんの作品は違った。

「梨皮急須」は、「梨皮泥」と呼ばれる常滑の土に岐阜東濃地方の土、信楽の土や長石、陶石を加えて焼き締めたもの。その器肌のシックな美しさといったら。手触りは本当に梨みたい。コロンとした形も可愛く、取っ手や注ぎ口といったパーツのバランスは素人目にも絶妙。

そして持ってみてびっくり。儚いほどに軽い。一人用?と思える位見た目は小さいが、容量は300cc程。小さめの湯呑みなら2杯分だ。お茶は細い放物線を描いて注がれ、水切れは抜群、最後の一滴まで綺麗に淹れられる。お茶のお味も上々。一煎目も二煎目も美味しい。茶葉がランクアップしたかの様な美味しさに感じる。

土ものの器は経年変化を楽しむのも一興。この急須も使うほどに味わい深く「育つ」そうだ。1年使うともう艶が全然違ってくるらしい。大事に使って自分色の急須に育てるぞ~!

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

Comments:8

いもこ URL 2008-06-03 (火) 22:00

また遊びに来ました!
和・洋どちらにでも合わせられる様な素敵な急須ですね。
ころんとした形が本当にかわいらしい(*^^*)
来年の今頃はどんな感じになっているのかなぁ。
使う楽しみがあるっていいですね♪

nyao@管理人 URL 2008-06-04 (水) 11:35

いもこさん、こんにちは!
水野さんの急須は現在絶賛愛用中です
1年後に素敵に育った姿をご紹介できたらいいですね~。がんばりマス!
最近歳のせいか(^^;)和の器が気になって仕方ないのです。
TEEMAは和洋中何でも使えて便利ですが、たまには土ものの器もいいなあと。
収納場所が少ないし資金も潤沢では無いのであんまり買えませんけれど。
また良いものが見つかったりしたらご紹介させて頂きたいと思います。

かよちーの URL 2008-06-05 (木) 00:20

nyaoさん、こんばんは。
うちのブログに来ていただき、ありがとうございます。
nyaoさんのブログはなんだか落ち着きます、きっと文章の書き方が好きなんだと思います。
鉄ものを育てていますが、土ものも育つのですか、ちょっと興味です♪
またちょくちょく来させていただきます、よろしくお願いします。

nyao@管理人 URL 2008-06-05 (木) 10:02

かよちーのさん、こんにちは!
わざわざご訪問下さり、嬉しいコメントも頂いてありがとうございます。
鉄ものをお育てですか!それは是非過程など拝見したいです。
私もフライパンは鉄製もしくは鋳鉄製派ですが、家族には不評らしく、娘は自分でフッ素樹脂加工のフライパンを買って来ちゃいました。
土ものは釉薬を使っていない方が顕著に育つらしいです。
あと、木のものも育ちますね。ウレタン塗装だと無理かもしれませんが、オイルフィニッシュの家具や器、カトラリーなどは育て甲斐がありそうです。
リネンや皮のものも、古びてボロくなった際には「使い込んで立派に育ったのだ!」と言い張っても良いような気がしてきました(笑)。
今後も気軽にお立ち寄り下さいね!

かよちーの URL 2008-06-05 (木) 12:28

nyaoさん、すごく答えたくなるようなお返事、ありがとうございます・笑。
わたしもフライパンと鉄瓶を育てています。
鉄瓶は、けっこう水を入れて放置することが多く、育っているというより単なる・・・ですが。
フライパンは、カサカサになって油が足りないアピールをしてくれるのが気に入っています。
ところで、とても答えたかったのが木ものです。
実は、友人に木工作家がいて化学系の塗装や外国産の漆は使わない人がいるんですよ。
オイルフィニッシュもオリーブオイルだったり、半年くらいで樹脂化したスプーンなど持っています。

nyao@管理人 URL 2008-06-05 (木) 19:17

おお!鉄瓶ですか!「平松洋子の台所」という本の中の鉄瓶を育てる話を読んでからずっと憧れております!鉄瓶で沸かしたお湯はとてもまろやかで美味しいそうですね。羨ましい~。
その上木工作家さんとお友達だとは更に羨ましすぎます。私も「これ試作品。使ってみてよ」とか言われてみたいです(←妄想)。
自然な仕上げの木製品って素敵ですよね。巷でもそういう作家さんの作品は人気みたいですし。
それにしても、オイルフィニッシュのスプーンが樹脂化するんですか?知りませんでした。最近少しばかり木のカトラリーを購入したので、変化を楽しみつつ使っていきたいです。

かよちーの URL 2008-06-06 (金) 12:59

nyaoさん、こんにちは。
知っていたら、申し訳ないですが、一応書いておきます。
樹脂化させるには使って洗って乾かした後にオリーブオイルを塗っておくんです。
太白のゴマ油でもやってみたのですが、イマイチでした。
これを続けると、樹脂化します。
ちなみに使わないで洗って乾かして塗ってもオイルのしみこみが良くなかったので不思議だなぁ~と思いました。

nyao@管理人 URL 2008-06-07 (土) 08:44

かよちーのさん、教えてくださってありがとうございます。
そういえば、木のカトラリーを購入した際に「毎日使ってあげる事が一番のお手入れです」と言われました。
使って洗って乾かした後にオリーブオイルですね!樹脂化目指してやってみます!

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://caramelchocola.blog3.fc2.com/tb.php/189-58ca146a
Listed below are links to weblogs that reference
極上の急須 from ::webmemo::

Home > 日々の雑記 > 極上の急須

Recommend

All About スタイルストアへのリンクバナーAll About スタイルストア

楽天市場へのリンクバナー

iHerbへのリンクバナー
初回購入時にクーポンコード
QAJ019入力で5ドルoff

Thanks
Search

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。