Home > スポンサー広告 > 木べらと木杓子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://caramelchocola.blog3.fc2.com/tb.php/331-614db65c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ::webmemo::

Home > スポンサー広告 > 木べらと木杓子

Home > 日々の雑記 > 木べらと木杓子

木べらと木杓子

新子さんの木杓子の写真

我が家の木製調理ツールのうち、一番良く使っているのがこの2点。「おせっかい半円型」と「ぜんまい杓子(又の名をのし杓子)右利き用」。何故か昔から木製のへらが好きで、木べらにはちょっとうるさい(笑)のだけれども、この「おせっかい」は本当に使い易くて、現時点で最愛の木べら。形とネーミングがユニークな「ぜんまい杓子」も凄く使い勝手が良い。どちらも軽いし、鍋へのあたりがとても柔らかい。

ぜんまい杓子の写真

長いこと使い込むと古民家の大黒柱のような色なる、と言われている。木目が美しい。
アローアイコン使い始めの頃の写真を含む過去記事
お味噌汁用に「坪杓子」も使っていて、これも「ぜんまい杓子」に次ぐ愛用品。

これらは、かつて木地師の村だった奈良・大塔町で木杓子を作り続けておられる新子薫さん作。型を使わず生木から一気に製品を仕上げるという伝統的な手法で作られたものだ。使われているのは、深い山に自生している栗の木。無塗装。一日に10本程度しか作れないのに加え、ここ数年メディアでも取り上げられたりして人気が高まり、かなり入手し辛くなっている様だ。

この杓子は大事に使いますと、50年も100年も使えます。杓子と共に元気で長生きして暖かい湯気と共に、いろいろな思い出も、すくい出して下さい。

購入時に頂いた添え書きより引用

50年、100年経ってまだ誰かが使っていてくれたら良いなと思う。

アローアイコン購入ショップ:jokogumo

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://caramelchocola.blog3.fc2.com/tb.php/331-614db65c
Listed below are links to weblogs that reference
木べらと木杓子 from ::webmemo::

Home > 日々の雑記 > 木べらと木杓子

Recommend

All About スタイルストアへのリンクバナーAll About スタイルストア

楽天市場へのリンクバナー

iHerbへのリンクバナー
初回購入時にクーポンコード
QAJ019入力で5ドルoff

Thanks
Search

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。