Home > スポンサー広告 > インフルエンザと解熱剤についてのメモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://caramelchocola.blog3.fc2.com/tb.php/349-78a67c57
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ::webmemo::

Home > スポンサー広告 > インフルエンザと解熱剤についてのメモ。

Home > 日々の雑記 > インフルエンザと解熱剤についてのメモ。

インフルエンザと解熱剤についてのメモ。

私的覚え書き。頭痛持ちで鎮痛解熱剤にはお世話にならざるを得ないので、現時点での情報を自分なりにまとめてみた。

インフルエンザ感染中に服用すべきでないと考えられるもの。特に小児に対しては日本小児科学会から勧告が出ている。
(参考:http://www.jpeds.or.jp/saisin.html#04http://www.jpeds.or.jp/saisin.html#43http://www.jpeds.or.jp/saisin.html#155

  • アセチルサリチル酸(アスピリン):バファリンA錠等
  • サリチルアミド:PL顆粒等
  • ジクロフェナクナトリウム:ボルタレン等
  • メフェナム酸:ポンタール等
  • ロキソプロフェンナトリウム:ロキソニン等
  • インドメタシン:インテバン坐剤等
  • スルピリン:メチロン等

服用しても問題無いとする説もあるが今の所グレーゾーンなもの。日本小児科学会は使用を推奨していない。

  • イブプロフェン:イブA錠等

インフルエンザに伴う発熱に対して使用するのであれば比較的安全だが慎重に使うべきもの。

  • アセトアミノフェン:カロナール等

成人のインフルエンザに対する解熱剤投与に関しての勧告は今の時点では出されていないが、今回薬剤師に問い合わせたところ、うちの子は21歳で一応成人なのだが、「アセトアミノフェン以外は飲ませないで下さい!」ときっぱり言われた。また、インフルエンザ感染の可能性が疑われる人(私だ)の場合も鎮痛剤やそれを含む感冒薬の服用は慎重にすべき、とは昨日偶然会った弟(開業医)のアドバイス。私の偏頭痛にはアセトアミノフェンはあまり効かないのでちと辛いけど。

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://caramelchocola.blog3.fc2.com/tb.php/349-78a67c57
Listed below are links to weblogs that reference
インフルエンザと解熱剤についてのメモ。 from ::webmemo::

Home > 日々の雑記 > インフルエンザと解熱剤についてのメモ。

Recommend

All About スタイルストアへのリンクバナーAll About スタイルストア

楽天市場へのリンクバナー

iHerbへのリンクバナー
初回購入時にクーポンコード
QAJ019入力で5ドルoff

Thanks
Search

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。